乳酸菌の強みとは?

画像の説明

健康食品として有名な乳酸菌は、美容と健康をサポートしてくれるサプリメントや、食品加工など、幅広く活躍してくれています。
そんな乳酸菌の強みとはなんでしょうか?

いわずと知れた免疫細胞活性化

人間の体に備わっている免疫細胞。
体内に入り込む病原菌を撃退するために、とても大切な細胞です。
体内に存在する免疫細胞の約70%が腸に集中しており、乳酸菌が腸の調子を整えてくれる話は、多くの人が知っている事実です。
この免疫細胞が、年齢と共に減少する傾向にある事をご存知でしょうか?
減少する度合いには個人差があり、減少スピードの早い人と遅い人がいます。
望むらくは、可能な限りゆっくりと減少してもらいたいものですが、自然の摂理は人知を超えた所にあるようで、思うとおりには行かない場合がほとんどです。
不幸にも乳酸菌の減少が若くして始まってしまったとしても、サプリメントや乳製品で摂取すれば大丈夫。
衰えを感じ始めてからの乳酸菌ではなく、若いうちから乳酸菌を摂取して、対策しておきましょう。

食品加工技術への貢献

人類は、はるか昔の時代から、乳酸菌が食品を長持ちさせてくれることに気がついていました。
さらに、発酵食品として食卓に乗せることで、健康を維持できることも気がついていました。
科学的に証明されていない時代であっても、その時代なりの統計で判断されてきた結果ですね。
乳酸菌は、糖分を分解し、乳酸と酢酸(有機酸)を作り出します。
その特徴を活かし、醤油や味噌、納豆などの加工に利用されて来たわけですが、味をつけたり保存性能を向上させるだけではないようなのです。
実は、乳酸による発酵は、その過程でビタミンやペプチドを生成します。
その結果、食品の栄養価が高くなり、酵素が食品を分解することで消化されやすい状態にも変化するといわれています。
そう考えると、ヨーグルトに「健康食品としての良い効果」が期待できる事にも頷けます。

乳酸菌がお酒の味を左右する?

乳酸菌といえば「ヨーグルト」というのがイメージとして定着していますが、お酒造りにも役立っていることをご存知でしょうか?
昔ながらの製法でお酒を作っている蔵元では、酒造りに必要な「乳酸」を、乳酸菌から作り出しています。
日本だけではなく、その技術は、ワイン造りにも応用されており、葡萄に含まれる「リンゴ酸」を乳酸に変化させる方法が取り入れられています。
その方法を「マロラクティック発酵」と呼び、その製法によって酸味が抑えられたまろやかなワインになるそうです。

保存・加工、その次は?

食品保存や食品加工に役だっている乳酸菌ですが、今でも研究が続けられています。
研究の結果、腸内環境だけではなく、精神的な病菌に苦しんでいる人に良い効果を見せてくれる可能性も見つかっています。
乳酸菌は、私達の生活をもっともっと豊かにしてくれそうです。