乳酸菌に種類があるの?

画像の説明

「乳酸菌○○」という呼び方をよく耳にします。
乳酸菌とは、特別な一つの菌を指すものではありません。
乳酸菌と呼べる「菌」の定義がきちんとありまして、その定義に沿ったものでなければ乳酸菌を名乗れません。

そもそも乳酸菌とは固有の名前ではありません。
そこで、今回は乳酸菌の代表的な種類について、皆さんにご紹介させていただきます。

乳酸菌の定義とは?

乳酸菌とは、特別な特徴を持ったユニークな菌などではなく、「腸内で糖を分解し、乳酸や酢酸を作り出す菌の総称」です。
つまり、糖を分解できて、乳酸や酢酸を作り出せるあらゆる菌を「乳酸菌」と呼んでも良いのです。
乳酸菌が発見されてから、現在までに250以上の種類が、正式に「乳酸菌」と認められています。
乳酸菌は現在も研究が進んでおり、新しい乳酸菌が続々と発見されています。
それに伴い、乳酸菌の種類の分類も必要になってくるのですが、研究者や研究場所によって分類方法が複数存在します。
この記事では、代表的な分類方法を紹介させて頂きます。

乳酸菌は住んでいる場所によって違いがあります

研究によって、乳酸菌が住んでいる場所によって異なる特徴を持つことがわかってきました。
その結果、住んでいる場所による「分類方法」が紹介されています。
住んでいる場所によって、「植物性」の乳酸菌と「動物性」の乳酸菌に大きく区別できるようなのです。

植物性乳酸菌

植物性乳酸菌とは、果物や野菜、穀物等の植物に含まれる乳酸菌の事を指します。
植物性乳酸菌は、漬物、味噌、醤油、お酒などの発酵食品の中に生息しています。
アジア、特に日本では馴染み深い乳酸菌です。
日本人の朝食の定番「納豆」にも納豆菌と共に、植物性乳酸菌が生息しています。
自然界に広く生息しており、様々な環境にも適応することが出来る、比較的丈夫な菌です。
植物性乳酸菌は、上述の通り「タフな特徴」を持っているため、生きたまま腸に届く可能性が高いといわれています。
また、私達の生活空間に広く分布しているため、食品加工や食品保存への応用が動物性乳酸菌と比べて、比較的簡単に実現できます。

動物性乳酸菌

こちらは牛や山羊の乳などに含まれている乳酸菌の事を指します。
住んでいる乳の栄養バランスによって、乳酸菌の活動に個体差が出るほどデリケートな特徴を持っています。
乳だけではなく、その加工品であるヨーグルトやチーズの中にも生息しています。
動物性乳酸菌は、乳の中に含まれる乳糖を栄養として乳酸や酢酸を作り出します。
植物性乳酸菌は、様々な環境に生息することができるのですが、動物性乳酸菌は、乳や乳製品の中でしか生きていけません。
その理由は、乳の栄養素の違いに影響を受けるほどデリケートな性質だからです。
乳に含まれるビタミンやミネラルの量や割合によって、乳酸菌の働きが良くなったり悪くなったりするのです。

さらに、動物性乳酸菌は、植物性乳酸菌のエサとなることがわかっており、植物性の動きを活発にするエネルギー源として機能します。
また、エサとならずに腸まで辿り着いた場合、植物性の物よりも、腸内を刺激する効果に優れ、免疫力を高めてくれます。
免疫力が高まれば、整腸作用にも良い影響をおよぼしてくれます。

植物性と動物性をバランスよく

端的に解釈すれば、植物性乳酸菌を多く摂取したくなるのですが、動物性乳酸菌は、植物性乳酸菌をより強く輝かせる働きをしてくれるものです。
動物性乳酸菌によって、植物性乳酸菌の効果を促進させ、さらに腸の動きも活発にしてくれます。
どちらかに偏ること無く、バランスよく摂取することが大切ですね。