乳酸菌と善玉菌・悪玉菌

画像の説明

乳酸菌が、腸内環境を整え、腸の動きを活発にしてくれる。
そんな効果を求めて、多くの女性が乳酸菌を取り入れています。
主な目的は、「便秘」の解消が目的ではないでしょうか?

女性の多くが、便秘に悩まされており、乳酸菌はその福音として期待されています。
乳酸菌の効果効能によって、「善玉菌と悪玉菌のバランスを理想的に保つことが出来る」といわれており、腸内を弱酸性に保つことで理想的な腸内環境を実現できると期待されているのです。
簡単に表現すると「お通じが良くなる」と書けば想像に容易いでしょうか。
今回は、乳酸菌の善玉菌と悪玉菌への効果について、みなさんにご紹介させていただきます。

理想とする腸内環境は?

腸内には主に、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類が存在しています。
これらのバランスについて、善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%が理想的と考えられています。
日和見菌は善玉菌にも悪玉菌にもなる、優柔不断な特徴を持った菌です。
具体的には、その時の腸内環境に置いて、善玉菌が優位なら善玉菌の手助けをしてくれます。
逆に、悪玉菌が優位なら、悪玉菌の手助けを行い始めます。

実は、腸内にあるほとんどの菌が日和見菌ということが分かっており、善玉菌と悪玉菌のどちらかが日和見菌を味方に付けるか、日々戦いを繰り広げているのです。
その戦いの中で、乳酸菌は善玉菌を優位にするために、有効な菌として働いてくれるわけですね。

腸内環境は年齢と共に変化する

定期的な乳酸菌の摂取は、理想的な腸内環境を目指している人にとって、とても効果的な方法です。
ヨーグルトや味噌等の発酵食品を食べるのが一般的ですね。
毎日発酵食品を食べている人は多いと思いますが、その量を気にしている人はどれほどいるでしょうか?
近年の研究で、乳酸菌を摂取する量を年齢と共に変化させなければならないことが分かってきています。
その理由は、年齢による腸内環境の変化にあります。
年齢を重ねる毎に腸内環境はどんどん悪化し、善玉菌が減少し、悪玉菌が増加してくるのです。
ということは、年齢によって、摂取する量を増やしたり、より効果的な乳酸菌を選ぶ等の工夫が必要になってきます。

常に新しい情報を手に入れよう

乳酸菌によって、腸内の善玉菌を優位に保つ必要があります。
しかし、年齢を重ねる度に、善玉菌はどんどんと減少してしまいます。
これは自然の摂理ではあるのですが、私達としては、可能な限りその減少を少なくしたいものですよね。
乳酸菌の研究は、現在でも続けられている最先端の研究です。
過去には見つからなかった新たな乳酸菌も、続々と発見されています。
常に新しい情報を収集し、乳酸菌情報に敏感になっておく事で、より体に良い乳酸菌を摂取できるのではないでしょうか。